8月下旬にマンション理事長から嬉しい知らせが入りました。

「おかげさまで予想通りというか、予想以上かもしれない削減効果が出ています。」

昼光色から電球色に替え、高級感が良いと評判!

昼光色から電球色に替え、高級感が良いと評判!

7月4、5日にコスモ葛西臨海公園ロイヤルコートのマンション共用部のLED照明化工事を実施し、電力使用量はどのくらい下がったのか気になっていたので、嬉しかったですね!

これが、前年と比較した電力使用量及び電気料金です。

LED照明化で、こんなに下がる電気使用量

LED照明化で、こんなに下がる電気使用量

 積算日は、毎月15日ですので、例えば7月分とは(6/15~7/14)ということです。

7月4、5日が工事でしたので、7月分はLED照明化後の使用量は、月の1/3程度です。電気使用量は、20〜35%程度の削減率。これは照明だけでなく空調、エレベーター、自動ドア、ポンプなどの電力使用量も含めた数字です。ずいぶん下がりましたね!

なお、8月は7月に比べ電気使用量は下がっているのに、電気料金は偶然ですが同じ金額になっているのは、東京電力との業務用季節別時間帯別電力2型(現在は新規契約中止)というユーザーに有利な契約形態なのですが、夏期の昼及びピーク時間が高くなく契約形態が原因です。

電気料金削減するために、なぜLED照明を選択したのか

マンション管理士でもある藤江理事長にお話をお聞きしました。

2011年3月11日 東日本大震災以後、節電の取組み

①2011年4月から照明の間引き消灯を実施

エントランスその他のダウンライトの1/2を照明を取外して消灯。

また廊下の各戸玄関前にあるペンダントライトの1/3を消灯。

電力不足で計画停電という非常事態でしたので、マンション住人からの反対は全くなく、無条件で東電に協力。夜間照明の節電を実施してないと近隣住民からも協力要請の連絡が入ったようです。その後2012年12月で、照明の間引きを止めて通常の照明に戻す。

②2012年4月より東京電力から電力料金の一方的値上げ

3月に東電から一方的な値上げ通知が送られてきて、東電を呼び出して問いただすも、4月から値上げをする方針に変わりなく憤慨をして3ヶ月ほど支払いを保留して抗議。

当時、自由化部門を一斉に4月から値上げすると通知して大騒ぎになりました。なぜ4月からなのかは・・・・・の2007年4月電気事業法改正に伴い高圧部門は電力自由化になり、その時点での再契約となるので4月からと説明。その頃より節電から電気料金削減に!

③節電から電力料金削減方法を検討

2011年の節電により電気料金も下がり管理組合としても喜ばしい・・・と思っていたところに東電の値上げ!更には7月にグンと電気料金アップ!

コスモ葛西臨海公園 電力料金の推移

コスモ葛西臨海公園 電力料金の推移

コスモ葛西臨海公園 年間電力料金の推移

コスモ葛西臨海公園 年間電力料金の推移

これで本格的に電気料金を下げようと電力一括購入を真剣に検討。

電力一括購入とは、マンション入居者個別に払っていた電気料金を、マンション共有部の料金と一緒にして、割安な高圧電力購入に切り換える方法のことです。

つまり纏めて買うことで安く購入する方法です。

実際に次の2社に調査&見積りしてもらった。
 中央電力 10%ダウン提示(保守管理は10万円/年) 解約できない10年
 IPパワー 15%ダウン提示(保守管理料込)      解約できない15年

*保守管理費は電気保安協会への支払い

電力購入費 約200万円/年 10%ダウンとして20万円/年
月に2万円を削減することができる。しかし次のようなデメリットも。
a) 入居者も他の東京電力以外の電力会社と契約できない
b) 新電力などの電力会社へ変更する選択肢がなくなる。
c) 電力自由化のより選択肢が広がろうとしているのに、選択肢を失う。

一括購入するためには高圧受電設備キュービクルを設置する必要がある。電力一括会社は、それを設備投資するので10〜15年解約不可条件を提示することになる。しかし今までと同様に東京電力から購入することになり、既存電力会社より割安な新電力からの購入に変更することができない契約(契約詳細により変更も可能か?)なので、その間は拘束されることになる。

設備をリース契約するようなものなので金利含めてトータルするとずいぶんと損することになる。
初期費用不要は魅力なのですが、、、

初期費用不要に翻弄されないでください! 不要、無料ほど高いものはないので!!

④LED照明化を検討!なぜLED照明化にしたのか?その理由

ちょうどその頃、縁あって理事会に出席させていただいてLED照明化による電力料金削減方法を解説させていただきました。

電力料金削減方法は、次の2つです。

電力を安く買うか? 
それとも使用量を削減するか? 

その、どちらかですので、そこをキチッと考えて電力料金削減を実施してください。

引続き、LED照明化の工事については、次のブログをご覧ください。
マンション電力料金削減事例(2/3) LED照明のテスト点灯を必ず実施する理由
マンション電力料金削減事例(3/3) LED照明化2ヶ月後の成果は?

著作:辻川英章

お問合せは、こちらから!