<10/10追記>このブログの続きはこちら
↓↓
NEC 小規模オフィス 店舗用“電力見える化スターターパック” 見えたあとの電力料金削減方法の基本

見える化ダイエットで3kg減!4年ぶりにマラソン大会(10km)に参加、楽しく完走!!
タイムは聞かないでください^^

毎日体重を測るダイエット方をご存知ですか? 体重計に乗ることで食事や運動に気を使うことでダイエットに繋がるようです。節電も同じです。毎日電力使用量を見ること、知ることで節電の意識が高くなります。そうです“見える化”です。

しかし見える化の機器は、高価で小規模オフィスや店舗に導入するには高価なものばかり。NEC“電力見える化スターターパック”(198,000円)で、ようやく導入できそうな価格になってきました。

本商品は、すでにオフィスやコンビニエンスストア等の店舗、駅舎で多くの導入実績がある「スマートコントローラ」(注1)に加え、電流・電圧値を計測する「センサ」およびパソコン用「電力見える化ソフトウェア」をセットにしたものです。引用元: オフィス、店舗などの“電力の見える化”を手軽に実現する「電力見える化スターターパック」を発売 (2013年9月27日):プレスリリース | NEC.

NEC2

 

 

 


電力見える化スターターパックで、なにが見えるの?


(1)施設のエリアや回線単位の電力使用量
部屋や各階ごとのエリア別、照明系とコンセント系、電灯契約(100V)と動力系(200V)など。既存分電盤の状態や電力契約によっても違ってきます。

(2)時間(1分)単位の電力使用量
それぞれの1分ごとの電力使用量を過去3ヶ月まで取得することができるので、集計し続ければ昼夜、曜日、季節などの違いも見ることができます。

(3)過去の電力使用量の比較
繁忙期や閑散期、省エネ機器導入前後の比較をすることができます。
*電力だけでなく電流、電圧、力率の計測もできます。

NEC1

いろいろ見ることができますね!
では、どうやって節電、経費節減しますか?
電気を消す。省エネ機器に交換する。これでは、わざわざ見える化しなくても同じです。

いろんな方法があります。必要なところに快適な明かりや冷暖房を!人や明かりセンサーの導入。時間設定をする。省エネ機器を導入をするなどなど・・・でも節電はできても、それによる経費節減効果を知らないと設備投資の判断はできません。電力契約の変更や新電力との契約が有効な場合もあるでしょう。

ダイエットの方法は、いろんな方法があります。
電力料金削減方法も、いろんな方法がありますが、まず見えることがスタートです。
今後も同様な商品が発売されるでしょう。思い切って導入されることをお勧めします。

電力料金削減方法については、ブログでも紹介していきたいと思います。

著作:辻川英章

 

お問合せは、こちらから!