電力値上がりを経費増から利益増に!中小企業のためのエネルギー戦略
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 最新情報解説ブログ

最新情報解説ブログ

地熱と地中熱の違いは? 東京スカイツリーも地中熱で冷暖房

地熱とは、地球内部のマグマに起因する熱エネルギーのことです。 そして地中熱とは、地下(約5~200m)の低温熱エネルギーのことです。 しかし、日本の地中熱ヒートポンプの導入は微々たるものです。

地中熱と温度の関係

5月、6月も燃料費調整単価アップで、電気料金は過去最高!

先日、このように解説したばかりなのに、またまた過去最高更新です! ↓↓ 【4年間の燃料調整単価の推移】価格 円安 消費税アップで過去最高 石油、石炭、ガスの値上がり分も、消費税アップも自動的に電気料金に上乗せされます。

5月に続き、6月も燃料費調整単価 またまた過去最高と更新!

省エネ補助金は、知っている一部の企業だけが得をする!

毎年、3月に予算が決定し4〜6月から補助金の公募を開始します。 しかし、今年は消費税対策として25年度の大型補正予算を組みましたので、3月末締切の公募がありました。年度末と4月からの消費税アップ対策と、それでなくても忙しいのに、公募されてから急遽された企業もありました。

省エネ補助金は、知っている一部の企業だけが得をする!

【4年間の燃料調整単価の推移】価格 円安 消費税アップで過去最高

4月の電気ガスは14社すべて値上げ 3カ月連続、火力の燃料費が上昇 – MSN産経ニュース http://on-msn.com/1eNTll4 このところ値上げニュースばかり。電気料金も過去最高なので4年前と …

25年度補正予算決定!エネルギー使用合理化補助金も近日公募開始予定

エネルギー使用合理化補助金事業の実績報告で忙しくしている、電力料金削減コンサルティング LED照明スペシャリスト 辻川です。 12月12日に25年度補正予算が閣議決定されました。省エネ設備補助金500億円と、より一層の省 …

省エネ補助金フルサポート

【家庭・業務用】安くなったけ蓄電池は、節電・省エネ!電力料金削減になるのか?

蓄電池の普及が進んで、全住居に設置済みマンションが発売されたり、レンタルや価格を下げた蓄電池も販売されます。しかし、災害時の備えとしては常備したいところですが、まだまだ高額なので節電など得することがあるの?と質問されることも。少々解説します。

安くなったけど、家庭・事務所用の蓄電池は、本当に得するの?

マンション電力料金削減事例(3/3) LED照明化2ヶ月後の成果は?

LED照明化から2ヶ月で、電力料金削減の成果は? こんなに下がりました!8月は、なんと約38%も! コスモ葛西臨海公園ロイヤルコートの藤江理事長に、お話を聞きました。 http://youtu.be/7BWBJtwr0vg

マンション電力料金削減事例(3/3) LED照明化2ヶ月後の成果は?

マンション電力料金削減事例(2/3) LED照明のテスト点灯を必ず実施する理由

マンション現地調査の後、コスモ葛西臨海公園ロイヤルコート「電気料金削減のご提案」(LED照明導入による節電・省エネ、電気料金削減)を提出しました。そしてLED照明代替節電シミュレーションをし結果、LED照明化をしないことを提言した照明もあります。

マンション電力料金削減事例(2/3) LED照明のテスト点灯を必ず実施する理由

マンション電力料金削減事例(1/3) なぜLED照明を選択したのか?

8月下旬にマンション理事長から嬉しい知らせが入りました。「おかげさまで予想通りというか、予想以上かもしれない削減効果が出ています。」 7月4、5日にコスモ葛西臨海公園ロイヤルコートのマンション共用部のLED照明化工事を実施し、電力使用量はどのくらい下がったのか気になっていたので、嬉しかったですね!

LED照明化で、こんなに下がる電気使用量

NEC 小規模オフィス 店舗用“電力見える化スターターパック” 見えたあとの電力料金削減方法の基本

前回のブログNEC 小規模オフィス 店舗用“電力見える化スターターパック”で、なにが見える?では、どんなものが見えるのかを説明しました。では見えたあと、どうやって節電、電力料金削減するの? そこで電力料金削減方法の基本中の基本を、ちょっと長い7分55秒の動画で解説しました。

電力見える化したあとの電力料金削減方法の基本
1 2 3 »
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © ゼロエネルギー支援株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.